O脚矯正は小中学生からが一番

O脚矯正は小中学生からが一番

当院では専門でO脚矯正を行っています。

しかし残念ながらO脚矯正の改善には個人差があります。

ぴったしつく人、少し改善する人、全く改善不可能な人と様々です。

60%の方が少し改善するというパターンで、10%の方が大きく近づき、30%の方はほんの少し変化ないしほとんど変化がない、という分布です。

身体は特に17歳ぐらいまで大きくなって骨格を作っていきます。この時期に悪い生活習慣をしていると骨や骨格自体がO脚に変形してしまいます。

骨自体は矯正して短期でいきなり変わることはありません。
つまり骨自体が変形されている方は変形分だけくっつかなくなります。

ただ、矯正したり指導することによって健康面ではメリットがかなりあるのであまり見た目に変化がなくても受けられることをおすすめ致します。

早めの時期にO脚矯正や指導を受ける事が実は大人になってからO脚矯正を受けるよりも何倍も大事です。

後で後悔するよりも早めに対処する事が大事です。
少しでもO脚だなって思った時は当院自慢のO脚矯正やO脚指導を子供の時期(小学校高学年ぐらいが最適)にお受けする事をお勧めします。