脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

多摩市、多摩センターカイロプラクティックでは脊柱管狭窄症に効果がかなり期待できます。

脊柱管狭窄症
・症状を訴える年代
50代から増え始め、高齢になるほど多くなります。

・神経が圧迫される直接の原因
椎骨・椎間板・靭帯の変性。

・根本的な原因
悪い生活習慣を長い間続けてきたことによる腰部への負担がつもったため。

脊柱管狭窄症は腰痛やヘルニアに比べ整体で改善が非常に難しいといわれています。しかし多摩センターカイロプラクティックでは改善・症状が全く出ないぐらい完治できる例が増えてきました。

脊柱管狭窄症の方特有の生活習慣を正す指導と、整体により改善を目指していきます。


脊柱管狭窄症

   [check] しばらく歩いたり、立っていると腰から脚にかけてシビレてくる。(間欠性跛行)
   [check] 脚の痛み、シビレ、知覚異常がある。
   [check] 間欠性跛行の時座って休むとまたしばらくシビレが出なくなる
   [check] 体を前にかがめると、足腰の痛みシビレが楽になる

このような症状をお持ちでしたら多摩市、多摩センターカイロプラクティックで改善できる可能性が高いです!



写真集